圧巻の絵勢いだ。

引き続き気になってはいたんだけれど、何となく忘れて早数年…。初めて「乙奥様おしゃべり」を買いました。

「エマ」の時もすごかったけれど乙奥様がしゃべりも隅から隅まで細く書き込まれていらっしゃる。
部族系の様子の絨毯や建築彫刻が特に好きなので、1コマ1コマじーっと眺めてしまう。
衣裳のしわや名残の描き方も手並みが高いです。ここまで描かれているとマンガというよりモノクロの画集を見てる同然。

乙奥様おしゃべりの年齢確立は、お婿様が12歳で嫁さんが20歳といった歳の不同両人になってるポジションも意外性があって好きです。

大人びてるお婿様もまだ良い意味で坊やくさいところがあるし、凛々しいキャラクターの嫁さんはふとしたところで乙女な素晴らしい段階を見せてくれたりといったやり方も魅力的です。

まだまだ1巻しか読んでないのでとても魅力山盛りに読めました。見晴らし引き戻すこともあるし、見ているだけで期間が過ぎてしまうね。

途中にある見開きWEBの建築様子は必見ですよ。
著者はそういった詳しいものを描くのが好きなのかな?
私も画図を描いてた時節はありますが、不器用なのでここまで描き出せるのは果てしなくうらやましいだ。
ここまで描くには根気が必要ですしね…。

また書店に行く将来、まとめ買いしちゃおうと思います。
名古屋脱毛