タマネギ嫌いの息子

こちらの中学の乳児はタマネギが嫌いなんです。
なぜ嫌いなのかはよく分かりませんが、乳児曰く、食感が拒否らしきんです。

我が家のディナーは、タマネギによるクッキングを決める際は、タマネギが分からなくなるまで細くきざむか、タマネギを抜いてしまうしかないんです。

タマネギを使うクッキングといえば、カレーに、シチュー、肉じゃがやミートルーツといった、クッキングのテーストの内容を担うような代物も結構多いんですよね。

嫌いなのは食感だけでテーストは大丈夫なので、カレーなんかはどろどろになるまで煮込めば大丈夫なんですが‥。

某ハンバーガー職場のオニオン指輪なんてをみると、発狂しています。

ちなみに、こちらはタマネギが大好きだ。

炒め代物などした時に、タマネギを炒めるといったちゃんと食欲をそそるすばらしい悪臭がしますよね。

こんなタマネギオススメスポットのこちらとしては、つらい以上です。

なんとかしてタマネギ嫌いを克服してほしいんです。

但し、嫁は「嫌いな物は食べなくて嬉しい」と言っていますし、嫁みなさんも胸が嫌いで「こちらは胸を飲まなくても、ここまで生きてきた」という豪語するケアです。

必ずや乳児も、大人になってもタマネギ嫌いを貫き通すのでしょう。

先々乳児の彼氏になる個々は、外食に行くといった見落しなくタマネギが増え増えになる事でしょう。
出会い系 人妻